スニーカー 長持ち

スニーカーのメンテナンス法

スニーカーが履けなくなってしまう問題として、靴底の減りの問題が一番大きいという事は説明しましたが、他にもスニーカーが壊れてしまう原因はあります。

 

一度は経験した事がある方もいるかもしれませんが、それは靴底の剥がれの問題です。

 

これは主にソールの部分に使われている接着剤が乾燥したり、経年劣化した為におこる問題だと言えます。

 

ソールの素材も長い時間が経ってしまうと劣化してしまうのはこれは避けようのない問題です。

 

 

しかし、このソール剥がれの問題も、きちんとメンテナンスしてあげるだけで、より長持ちさせる事は可能です。

 

スニーカーを傷めないポイントとして、

 

  • 使用頻度を減らす
  • 雨の日は履かない
  • 靴底は磨り減らないように気をつける
  • たまに汚れは水拭きし消臭・除菌などをして陰干し

 

 

こうした事を続けて行くことで、スニーカーの寿命を少しでも伸ばす事が可能となります。

 

 

大事に履いていれば、ソールが剥がれてしまっても、リペアする事で復活して、更に数年履ける場合もあります。

 

 

お気に入りの一足を出来るだけ長く愛用したいという場合はちょっと意識してみてはいかがでしょうか。

 

⇒迷ったらコレ!定番人気のおすすめスニーカー!