スニーカー 室内用 室外用 違い

室内履き・室外履きの違いはどこで見分ける?

最近ではあまり意識されていないことかもしれませんが、Q&A・コラムなどでは度々取り上げられているテーマです。

 

一般的にスニーカーと言えば運動しやすそうな、革でない靴と思っている方が多いかと思います。

 

スニーカー=運動靴と考えている方もいるかもしれません。

 

ここは正直曖昧な点でもあります。

 

しかし、一言でスニーカーと言っても、バスケットシューズやランニングシューズなど、色々と種類があります。

 

バスケットシューズなどはエアジョーダンなど、最近ではファッションでも取り入れられる事は普通ですが、これはバスケットシューズですので、作りは室内用です。

 

 

ランニングシューズ等は用途を考えればわかりますが、室外用という事になります。

 

 

用途を考えれば違いはわかるのですが、細かい違いはどこなのかと言うと、靴底に違いがあります。

 

 

室内用は平面で、室外用はギザギザしています。

 

この違いが大きく、室内用のスニーカーを室外で使用すれば基本滑ります。

 

 

このあたりは、気にしない人は気にしないかもしれませんが、例えば室外で走る用途の際、なんか滑って走りにくいな!などと感じる場合は、履いているスニーカーの底をチェックして、用途にあったものを使用するようにしましょう。

 

⇒迷ったらコレ!定番人気のおすすめスニーカー!