スニーカー 嫌なにおい 取れない時はどうすればいい? 対処法 紹介

スニーカーの嫌なにおいが取れない時はどうすればいい?対処法を紹介!

スニーカーは雨が降ったら濡れてしまいますので、そのまま玄関に置いておいたらにおいがついて取れなくなってしまった…という事は良くある事なのではないでしょうか?

 

 

また、アパート・マンションや家の作りによっては、玄関に湿気がたまりやすく、靴が濡れてそのまま置いておいておくといつまでも湿気のせいでにおいが取れないという事にもなりやすいです。

 

それがいつしか異臭へと変わってしまった…という事になってしまったらそのままにしておいても臭いは取れる事はありません。

 

スニーカー・靴・ブーツ等の脱臭にはファブリーズや脱臭剤・天日干しなど、様々な方法がありますが、それでも場合によってはにおいが取れない事もあります。

 

 

ここではそんな頑固なにおい・異臭を落とす方法を紹介したいと思います。

 

 

  • まずスニーカーの洗い方ですが、ぬるま湯と固形石鹸を用意しスニーカーブラシ・たわし・歯ブラシなどでゴシゴシ泡立てて洗います。
  •  

  • 洗い終わったら一度きちんとすすぎを行います。
  •  

  • 今度はお湯を用意し、その中に酸素系漂白剤を適量溶かしてその中に1時間位つけ置きします。
  •  

  • 時間が経ったらぬるま湯ですすぎます。
  •  

  • 洗濯機がある場合はタオル等にくるんで軽く脱水します。
  •  

  • 後は天日干しします。

 

 

このようにする事で嫌な臭い・シミ汚れを落とす事が出来ます。

 

靴の中に新聞紙や紙を丸めて入れておくと乾きも早くなります(紙は湿ったら交換します)

 

早く乾かしたいと思い、ドライヤーやストーブ・ファンヒーター等を利用する事もあるかもしれませんが、これは確かに早く乾きますが、ゴムの劣化が早まる場合もありますので、靴を長持ちさせたいのなら自然乾燥が一番です。

 

 

靴の臭いは強烈で、そのままにしておくと靴下にも匂いが移ってしまったりしますので、気になる場合は一度しっかり洗って異臭の素を絶ってしまう事が重要です。

 

 

ニオイが気になる方は是非参考にしてみてくださいね。

 

酸素系漂白剤一覧「Amazon」


 

⇒迷ったらコレ!定番人気のおすすめスニーカー!