ハイヒール 歩いていて階段 こけて怪我をしてからスニーカーを利用する様に

ハイヒールで歩いていて階段でこけて怪我をしてからスニーカーを利用する様になる

私は40代の主婦です。

 

中年なのでスニーカーというよりパンプスのほうがしっくりくる言葉かもしれませんが、私は、1年中スニーカーです。何足か持っていて洋服や、出かける場所で選んでいます。

 

結婚式や、式典のような場所だけは、社会のマナーとしてパンプスを履いていきます。仕方ないです。

 

 

 

 

なぜ、私がスニーカーを履くようになったのかは、足を怪我してからです。

 

それまでは、ハイヒールを履いて偉そうに歩いてました。

 

 

足が痛いのをちょっと我慢してコツコツいわせながら歩いてました。

 

でも、そんな時、階段から滑って転がっていったのです。

 

 

骨折まではしなかったのですが、捻挫と肩を強打したので打撲です。

 

足は腫れ上がり、しばらく靴を履ける状態ではありませんでした。

 

 

治ったあとも、なんとなく恐怖心もあり完全に足の痛みが取れた感じもしなかったこともあって、スニーカーを履いてみることになったのです。

 

 

 

 

ものすごく楽で、軽快に動けることにびっくりしました。

 

ジーンスに今まではヒールだったのですが、スニーカーもなかなかカッコイイことに気づいたのです。

 

 

それから、スニーカーのファンになり、様々なタイプのものを買いました。

 

無難に気に入っているのが、革でできたこいグリーンのもの。

 

 

 

あとは、定番の白、紺です。

 

蛍光色のものも気に入ってます。

 

 

ハイカットもいいです。

 

黒のハイカットはちょっとフォーマル的に使えます。

 

 

夜歩く時は、目立つ蛍光タイプを履きます。

 

夏はメッシュのある、風通しの良いものを履いたりします。

 

 

 

洋服もカジュアルなものでもあいますが、ちょっとエレガントな感じのスカートに合わせてもいい感じです。

 

中年のおばさんという領域にいても、若ぶる感じもなく、変な言い方ですが、スニーカーとちょっとエレガントを加えた感じが年相応に見えるのです。

 

 

歩くのも楽しくなるので、行動範囲も広くなります。

 

その結果、若くなる感じがします。

 

 

怪我の功名というのでしょうか、新しい自分を発見できて楽しい人生を送っております。

 

⇒迷ったらコレ!定番人気のおすすめスニーカー!